筋トレ女子が馬肉(美味しい馬刺し)をダイエットで食べる理由と効果5選 part.2 【大阪 梅田 女性専用パーソナルジム⠀】

赤みの肉は食事誘発性熱産生が高い

まず、食事誘発性熱産生とは何か

食事誘発性熱産生とは食事を摂取した時に発生する消費カロリーのことになり、食べることによってカロリーが消費できるということになります。

逆を言えば食べなければ消費できるはずのものができなくなってしまうということになります。

食事をした後、身体が暖かくなるのはこの食事誘発性熱産生によるものです。

人間は生きているとカロリーを消費する生き物ですが、1日に消費するカロリーが人によってある程度決まってきます。

人によって筋肉量や1日の動く量が異なるので、消費カロリー自体は人それぞれ変わってきます。

その中で消費するカロリーの中に3つの消費の仕方がありますのでご紹介させていただきます。(消費する割合も目安が決まってきます)

1、基礎代謝(寝ていても生きているだけで消費するカロリー)60%

2、活動代謝(動いた時に発生する消費カロリー)25%

3、食事誘発性熱産生(食事を摂取した時に発生する消費カロリー)15%

1日に2000kcal消費する人であれば300kcal分は食事を摂取したことによってカロリーが消費できているということになります。

これが食べないと痩せられないと言われる理由の一つとなります。もちろん他にもさまざまな理由がありますが、この食事誘発性熱産生は痩せる為に必要な作用となります。

ではなぜ馬肉が食事誘発性熱産生が高いのか

食事誘発性熱産生でどれくらいエネルギーを消費するかは栄養素の種類によって異なります。

タンパク質のみを摂取したときは摂取エネルギーの約30%、糖質のみの場合は約6%、脂質のみの場合は約4%で、通常の食事はこれらの混合なので約10〜15%程度になります。

タンパク質のみで食事を取るとカロリーを摂取した際の消費エネルギーが多く稼げるようになるのです。

そういった意味で馬肉は糖質、脂質がほとんど含まれていないのもあり、食事誘発性熱産生が高いと言われております。

食事を摂取すると食べた分が脂肪となってしまうと思っている方も多くいらっしゃるかもしれませんが、実はしっかり決められた量の栄養を摂取してあげると逆に食べることによってカロリーを消費できるようになるんです!

女性に嬉しい鉄分とカルニチンが豊富

馬肉の特徴として、上記に記載のある通りタンパク質が多い!ということに対して脂質が少ないと言われております。脂質制限をされている方にとっては強い味方です!さらに!その他の栄養価にも大変長けており、代表的なものが「鉄分」「 Ⅼ-カルニチン」です。

鉄分

「鉄分は女性の方が不足しがちなので摂取していきましょう!」とよく聞く言葉だと思います。その原因としては月経や出産により血液が失われるため、男性に比べ欠乏しがちです。

【よくある症状として】

・めまいや立ち眩み

・集中力が切れやすい

・冷え性

・浮腫みが酷いなど

鉄分が減ってしまうと、血液中の赤血球の量と質が低下し、貧血状態になるプラス全身に酵素を運ぶ力も低下しますので基礎代謝が落ちたり、太りやすい体質になる可能性も!また、血色を悪くなったり乾燥、シワやシミの原因にも関わってきますのでまさに女性にとって鉄分不足は大敵です。

L‐カルニチン

「カルニチン」とは初めて耳にする方も多いんじゃないでしょうか。これも大事な栄養素の1つです。カルニチンとは、必須アミノ酸で簡単に書くと脂肪の運搬役として担っています。

【よくある症状として】

・疲れが感じやくすなる

・筋力低下や筋肉痛になりやすい

・筋肉がつる(こむら返り)

・心筋症

・高アンモニア血症等

不足すると筋肉で十分なエネルギーが産生されず筋力低下にも繋がり、頑張ってトレーニングや運動をしていてもなかなか体重が落ちず、痩せにくい身体になってしまいます。単に、タンパク質を摂取して脂質や炭水化物(糖質)を抜けば良いということが分かりますね。

女性にとって「鉄分」と「カルニチン」は必要栄養素と分かっていただいたと思いますが、この2つが十分に栄養素として含まれているのが「馬肉」です!!!豚肉牛や肉の約3~4倍、鶏肉の約10倍と言われているほどです!!1つの食材でこんなにも重要栄養素が含まれている食材はなかなかありません!積極的に摂っていただくことをお勧めいたします。

また、ダイエットをしていない方でも必要不可欠な栄養素がかなり豊富に入っているため夕飯で馬肉を摂っていただくのはどうでしょうか!

______________________

大阪 梅田 女性専用パーソナルジム Deat-work out