『雑学』体の不調は肥満が原因かも!?

こんにちわ!

Deat-workout です!

今日も『雑学』いってみよー☝🏾

何故、「肥満が体に良くないのか」・・・
高血圧、脂質異常症、心筋梗塞、脳梗塞、変形性関節症、糖尿病、脳出血、体臭が臭くなる。
これらの病気やけがなどになる可能性が高くなります。

BMIが25以上になると肥満となりますが、メタボリックシンドロームとはまた別になります。
肥満の方は脂質異常症を引き起こす、コレステロールや中性脂肪を多くとる傾向があります。

脂質異常症は自覚症状が無く、重大な病気を発症したときにわかることもあります。

BMIが30以上の方はBMI23未満の肥満ではない方に比べて、
約3倍以上も高血圧になる確率が高くなります。
放置していると、動脈硬化のなる確率も高くなります。
若いうちから早めの予防・対策をしていきましょう。

腰や膝の痛みは肥満による変形性関節症かも!?

関節の軟骨がすり減るなどで痛みや腫れが起こるのが変形性関節症。
変形性関節症は主に膝や股関節に起こりやすいです。(変形性膝関節症・変形性股関節症)
一度、変形してしまったものはもと通りにはなりません。

このままだと老後、関節痛で悩んでいくかも……
肥満や過食により、糖尿病になる可能性も…
ダイエットで肥満などを改善できますし、予防もできます。

自分はまだ大丈夫、自分はならないから、などの言葉はナシっ!!!
今からでも運動を始めて、食事を改善していきましょう!!

大阪 梅田 女性専用パーソナルジム「Deat-workout」代表 神谷